社会保険の節約って?

社会保険の節約って?

会社などに勤めている人には身近な社会保険ですが、企業などが支払っている社会保険料は給与などの人件費に対すると約13%と言われています。

社会保険は大きく二つに分けることができるのですが、健康保険と厚生年金との二種類に区分けされます。

このうち厚生年金の保険料というものは年々増え続けていることもあって企業側としても頭がいたいところでしょう。

健康保険料のほうも、近年保険料が引き上げられると予想されているので、両方の保険料が上がってしまうと企業が支払う保険料の割合は人件費の18%にまで登ると考えられています。

雇用先である事業主としては、普段の節約はもちろんのこと色々な面での負担を減らそうとしていることでしょう。

会社に毎日お世話になっている社員としては、企業に迷惑をかけない方法というものもあるのですが、その方法のひとつとして月末に退職するということを避けるということがあります。

月末に退職するということは、その月の翌月の1日目まで在職したことにされますので、企業としては一か月分多く保険料を負担しなくてはなりません。

そのほか節約ができる点としては、これ等の保険料が決まる月というものもあって、4月から6月の間に行われますから、この間に給料などを上げるのは避けるといいということがいえます。

また、残業などをすることによっても給料の額面はあがりますから、この間は残業などを控えたほうが企業側としてはありがたいということのようです。

そのほか正社員を減らしたり、非常勤の職員を増やすことでも保険料は節約できますし、色々な方法があるようです。

2008年9月15日| カテゴリー:公的年金・保険制度