公的保険制度とは

公的保険制度とは

公的保険制度は、国が運営する保険で、代表的なものが年金(国民年金・厚生年金)と医療保険(健康保険)です。

サラリーマンの方は、通常厚生年金と健康保険に加入していて、保険料の2分の1が会社負担となっています。

これに対して、自営業者の方は、国民年金や国民健康保険に加入することになります。

自分にとって最適な資産運用を探すためには、公的保険制度の仕組みをある程度理解しておく必要があります。

国に任せておけば大丈夫、という考えが通用しないのは、社会保険庁の年金加入記録漏れ問題等を見れば明らかです。

2007年5月29日| カテゴリー:公的年金・保険制度