信用取引の清算

信用取引の清算

信用取引の清算手段は、通常反対売買です。

信用買いをしているのであれば買い建玉を売却し、信用売りをしているのであれば買い戻します。

この反対売買をしたときの差額、金利・手数料等が清算されて、プラスであれば口座の残高は増えます。マイナスの場合は口座から差し引かれます。

反対売買の他にも、「現渡し」「現引き」という方法もあります。

現引きは、買い建玉を買い付けた代金を支払い、現物株を受け取ります。信用取引で買い付けていた分が現物株に転換されます。

現渡しは、売り建玉と同一の銘柄の保有株式を引き渡すことによって清算します。買い戻して返済するのではなく、保有する株式で返済する方法です。

2007年7月 3日| カテゴリー:信用取引