追証には要注意

追証には要注意

信用取引を始める場合に一番気をつけなければならないことは、追証です。

信用取引をするためには、担保が必要ですが、これが不足すると追証が発生します。

追証が発生した場合は、追加で担保を差し入れることができない場合は強制的に反対売買で決済されます。

担保を株式で差し入れている場合は、相場の変動により追証が発生するリスクがさらに高まります。

2007年6月24日| カテゴリー:信用取引