投資信託の収益は?

投資信託の収益は?

日本において投資信託を始める際には、契約型の投資信託というものが通常です。

この契約型の投資信託では、公募を行って資金を集め、集めた資金をプロが運用・投資を行ってゆきます。

投資信託を購入する際には、やはり税金の面などではどうなっているのかについて知っておきたいところです。

投資信託では収益分配金であるとか償還金であるとかという利益が出るのですが、元本を超えた分の金額に対しては、20%の税金が掛けられることになっています。

この税金の名前は源泉分離課税といいます。

この源泉分離課税というものは、販売会社の人が徴収するのですが、投資家たちへ収益分配金であるとか償還金の名目で利益を戻すときにこの源泉分離課税を差し引いて戻します。

このとき徴収した源泉分離課税は、販売会社が責任を持って税務署へ支払うということになっています。

そのほか税金がかかる場面としては投資信託の解約時などになっています。

解約を行う際には、解約時の元本価額を超える分の20%に対して税金が差し引かれるというイメージを持っておいて下さい。

投資信託において税金が引かれる場合というのは、利益などが分配されるときであるとか解約のときなどに元本を超える分の20%が引かれると思ってよいでしょう。

追加型株式投資信託では、この例とは異なるのですが、元本がそのときによって変化しますから、税金の計算方法もちょっと複雑になります。

2008年11月21日| カテゴリー:投資信託