投資信託とは

投資信託とは

投資信託とは、
(1)証券会社が一般投資家から資金を集め、
(2)集めた資金を信託銀行に信託し、
(3)信託銀行に指示して金融・証券市場で運用させて得た利子・配当金・値上がり益などを投資家に分配・償還
これが大まかな仕組みです。

多くの投資家から集められた資金は、販売、運用、管理をそれぞれ専門の機関が役割を分担することにより、より効率的な運営を行うことが可能になります。

証券会社等の窓口に行かなくても、インターネット経由での申込みが可能です。

2007年6月 3日| カテゴリー:投資信託