株の受け渡し(決済)

株の受け渡し(決済)

株式売買の特徴は、株式の売買契約成立日と実際の決済・受け渡日がズレることです。

売買契約成立日から起算して4営業日目です。

この決済日を受け渡しと呼ばれます。

ただし、現在では株式の電子化が普及していることから実際株券を受け取るようなケースはほとんどありません。

この受け渡しという言葉も死後になっていくかもしれません。

この受渡日を理解しておくことは、株主としての権利を行使するために重要です。

株主としての権利を行使するためには、会社が定める基準日の前日までに受け渡しが完了している必要があるからです。

2007年7月 3日| カテゴリー:株式投資