住宅ローンのつなぎ融資の対策

住宅ローンのつなぎ融資の対策

 住宅ローンのつなぎ融資には、たとえ借り入れ期間が短期であったとしても費用がかかります。

つなぎ融資の金利は日割りでつきますので、つなぎ融資を借りている期間を短くすることが費用を圧縮するための対策になります。

上手に住宅ローンを利用するための対策は、事前にきちんと調べ、効率のいい方法で融資を受けるのが賢い選択です。

ただし、金融会社によっては、住宅ローンは組むことができても、つなぎ融資は組むことができないというところもありますので、注意が必要です。

会社選びの段階で、どんな金融企業がどのような融資を扱っているか、あらかじめ理解しておきましょう。

 繰り返しになりますが、住宅ローンの融資前に支払いをしなければならない時に、つなぎ融資が登場します。

住宅ローンの融資を早期に受けることができたなら、つなぎ融資に頼る期間は短くできます。

現在最も使われている住宅ローンの1つであるフラット35は、融資をスタートさせる期日がが決まっています。

住宅ローンの融資スタート日が変えられないため、住宅を購入契約をしても期間が開いてしまうことがあります。

この時につなぎ融資が活用されます。

また、住宅ローン融資までの待ち時間を少しでも短くするために、融資実行日の指定がたくさんある金融商品を選ぶという方法も効果があります。

相手業者との交渉によっては、融資が決定するまで物件の引き渡し日を遅らせてもらうというやり方も可能です。

不動産会社と交渉し、つなぎ融資に必要な費用を負担してもらうというやり方もありますので、会社に聞いてみてもいいでしょう。

2008年6月 6日| カテゴリー:住宅ローン