住宅ローンのつなぎ融資の費用

住宅ローンのつなぎ融資の費用

 住宅ローンの融資が行われるまでのつなぎとしてお金を借りる場合、借りている期間の分の金利支払いが必要になります。

短い期間の借り入れであるにもかかわらずつなぎ融資の金利は高く設定されていることが多いですが、これはまとまった金額を早期に必要とする人が借りるためです。

その他に借り入れのための印紙代や振り込み手数料、印鑑証明や住民票の発行にかかる経費などが発生します。

本来よりも多く支出することになるので、住宅購入の資金計画にはある程度の余裕が必要になることは意識しておく必要があります。

このように、つなぎ融資の申し込みには手数料や書類の発行費用などの経費がかかることを覚えておきましょう。

さて、つなぎ融資の申し込み印紙の額は借入額によって異なりますが、数万円かかります。

融資金5,000万円のつなぎ金利を年率2.4%で利用する場合、たった1日で約3,300円ずつの利子が毎日つくことになります。

仮に15日間借りる場合、金利は4万円もかかるのです。

もちろん印紙代などはこれらとは別に計上されますから、最終的にかかる費用は6万円ほどになってしまいます。

一度のつなぎ融資に12-15万円くらいの出費は、どうしても覚悟しなければなりません。

フラット35というタイプの住宅ローンを使う人が多いようですが、これは融資を出すスタート日が月々で決まっています。

つまり、住宅ローンを申し込んだタイミングによっては、つなぎ融資がどうしても必要となってくるので、借入金額や返済期日を含めて資金計画を立てておく必要があります。

2008年6月 7日| カテゴリー:住宅ローン