住宅ローンのつなぎ融資とは

住宅ローンのつなぎ融資とは

 ローンを組む上でつなぎ融資は意外と重要です。

住宅ローンは、ローン契約を取り交わした時点ですぐに借りられるわけではなく、実際に借りることができるまで少々時間が必要です。

住宅購入のためにすぐにも必要な資金を借りようとしているにも関わらず、数日から数十日もの時間がかかることがあるのです。

そうした、融資が行われるまでの何日間の間に、一時的に借り入れを行うことをつなぎ融資と言います。

つなぎ融資で借りてきた資金は住宅のための手付け金や建築着手金の支払いにあて、つなぎ融資で借りた資金は、後に借りてきた住宅ローンで返すという形になります。

土地の登記を行うためには手付け金が必要ですが、そのためにつなぎ融資を使います。

土地の登記をすませ、その土地を担保として提供することで、銀行などから住宅ローンを借りてくることが可能になります。

このようにして、住宅ローンで融資を受けれるようになったら、以前に借りていたつなぎ融資を返すことになります。

つなぎ融資を受けるためには、本体の住宅ローンの手続きとは別個に契約を取り交わしたり、手続きを行ったり、金利を支払う必要があります。

新築物件を購入する場合には、買い手の代わりに不動産会社が直接金融機関からの融資資金を受け取ることと引き替えに、代金支払い前の登記を認めるという方法を取ってくれます。

代理受領をやってくれるかどうかについては、不動産会社ごとに事情が異なります。

土地を購入して家を建てる時は、最初の建築資金は自分で補うかつなぎ融資を利用するか、よく考えてから住宅ローンの準備をしましょう。

2008年6月 5日| カテゴリー:住宅ローン