住宅ローン

住宅ローンのつなぎ融資の費用

 住宅ローンの融資が行われるまでのつなぎとしてお金を借りる場合、借りている期間の分の金利支払いが必要になります。

短い期間の借り入れであるにもかかわらずつなぎ融資の金利は高く設定されていることが多いですが、これはまとまった金額を早期に必要とする人が借りるためです。

その他に借り入れのための印紙代や振り込み手数料、印鑑証明や住民票の発行にかかる経費などが発生します。

本来よりも多く支出することになるので、住宅購入の資金計画にはある程度の余裕が必要になることは意識しておく必要があります。

このように、つなぎ融資の申し込みには手数料や書類の発行費用などの経費がかかることを覚えておきましょう。

2008年6月 7日| カテゴリー:住宅ローン

住宅ローンのつなぎ融資の対策

 住宅ローンのつなぎ融資には、たとえ借り入れ期間が短期であったとしても費用がかかります。

つなぎ融資の金利は日割りでつきますので、つなぎ融資を借りている期間を短くすることが費用を圧縮するための対策になります。

上手に住宅ローンを利用するための対策は、事前にきちんと調べ、効率のいい方法で融資を受けるのが賢い選択です。

ただし、金融会社によっては、住宅ローンは組むことができても、つなぎ融資は組むことができないというところもありますので、注意が必要です。

会社選びの段階で、どんな金融企業がどのような融資を扱っているか、あらかじめ理解しておきましょう。

2008年6月 6日| カテゴリー:住宅ローン

住宅ローンのつなぎ融資とは

 ローンを組む上でつなぎ融資は意外と重要です。

住宅ローンは、ローン契約を取り交わした時点ですぐに借りられるわけではなく、実際に借りることができるまで少々時間が必要です。

住宅購入のためにすぐにも必要な資金を借りようとしているにも関わらず、数日から数十日もの時間がかかることがあるのです。

そうした、融資が行われるまでの何日間の間に、一時的に借り入れを行うことをつなぎ融資と言います。

2008年6月 5日| カテゴリー:住宅ローン