人気の外貨預金

人気の外貨預金

外貨貯金をする人が最近増えているようです。

外貨貯金とは、ドルやユーロ、ポンドなど海外の通貨を貯金することです。米ドル、英ポンド、NZドル、スイスフラン、ユーロ、豪ドル、カナダドル、香港ドルなど多様な通貨で預金することが可能です。

外貨預金は新しく始まったものではなく、昔からありました。

なぜ今、外貨貯金が注目されているのでしょうか?

まず、日本の銀行の低金利政策が影響しているといえます。

日本で1年間の定期預金をしたとしても0.25%程度の金利しかつきません。他方、外貨貯金に目を向けてみると10%を超えてくるような金利まであります。

また、円高も影響しています。最近でも円が1ドル=100円前後の水準になると外貨預金の申し込みが急増したようです。

外貨貯金は、金利だけを見ればとても魅力的な商品ですが、注意しなけらばならないことがあります。

為替の変動によっては元本割れする可能性があるということです。これは、円預金とは決定的に異なります。

外貨貯金の仕組みなどをしっかりと勉強してから始めるべきです。

確かに、現在の日本は非常に金利が低いので、外貨貯金は有利であるといえます。

しかしながら、キャンペーンなどおいしい話にだけ目を奪われることなく、リスクについても念頭においておくことが必要です。

日本の低金利もいつまで続くのかは分かりません。為替の動きも最近特に激しいです。

あせる必要はないのでまず勉強することからはじめてみてはいかがでしょうか?

2008年6月14日| カテゴリー:外貨預金