外貨預金の口座開設と預金先

外貨預金の口座開設と預金先

外貨預金をするためには、まず銀行の口座を開設する手続きをする必要があります。

銀行では口座開設の手続きの際、本人確認のため免許証や保険証などの身分証明書の提示を求められますので、忘れずに持参してください。

外貨預金は、扱う銀行によってサービス内容に違いや特徴があります。

手数料や金利が異なるだけでなく、取り扱っている外貨の数なども異なります。

したがって、それぞれの銀行のサービスの違いをきちんと理解することが必要です。

インターネット専用の銀行や外資系の銀行であれば、日本の銀行より手数料が安いことが多いです。

例えば、住信SBIネット銀行です。手数料も安く、外貨をリアルタイムに更新する為替レートで取引きすることができます。個人的にも一番おすすめです。

ソニー銀行も手数料が安いので、外貨預金の人気が高い銀行の一つです。

外貨預金をこれから始める方の場合には、手数料が安いだけでなく、取引の利便性なども考慮する必要があります。

その意味でインターネット対応の銀行が魅力的です。ただし、対面ではないためリスク等についてしっかり勉強し、理解しておくことが必要です。

2008年6月16日| カテゴリー:外貨預金