不動産投資信託(REIT)

不動産投資信託(REIT)

 不動産投資信託(REIT) とは、投資家から資金を集めて、不動産を保有し、そこから生じる賃料や売却に伴う売却益を投資家に還元します。

 東証不動産投信市場で通常の株式と同じように売買することができるのが特徴です。

 個人が不動産投資を行うのは容易ではありません。

 まず、一般に不動産は高額ですから購入資金をすぐに準備できるような方の場合はともかく、通常はなかなか手が出せません。

 また、不動産のプロは別として、不動産の査定は容易ではありません。

 しかも、売りたいときに売れるとは限りません。

 これに対し、不動産投資信託(REIT)は、
(1)専門家が不動産を運用します。
(2)株式と同じように市場で売買することが可能です。
(3)銘柄にもよりますが、100万円以下で売買されているものも多数あります。

2007年5月21日| カテゴリー:各種金融商品